接着・防湿には、ラバーダム

 工作系のお話になりますが、 皆様も、何かを接着するときは、接着する面の濡れ、汚れの付き、ざらつきは、上手に付かないため、ふき取る、乾燥させる、手を洗うなどは、されたことがあるかと思います。この準備をせずに接着を行うと、一見すると接着出来た様に見えますが、簡単に外れてしまった経験はありませんか。  

歯の周囲を「防湿」して、歯だけが見えます。

 お口の中は、かなりの湿度の高さです。この湿度は、何かを接着するには、著しく不利な状況です。治療中は、ご自身の意思に反して、舌が動き、対象となる歯に当たり、乗り上げることもあります。お口を開けていることに疲れ、つい、閉じてしまい、唾液が出て、接着対象に流れ込んだり、咳が出る、むせる、くしゃみが出ると、治療のお手上げです。この湿度の対策は「防湿」です。

お口を開け続けることが大変な場合、ゴムをはさみます。

 歯科では、歯の治療で接着することが大きく分けて4つあります。「ダイレクトボンド」を行う時にレジンを歯に接着させる。「かぶせもの」をセメントで接着する。歯を補強する「ファイバーポスト」をレジンで接着する。歯の根の治療をするときに、 「隔壁(かくへき)」 と呼ばれる、歯の周囲にレジンで高さのある壁を作る。これら大まかな4つの治療に、湿気対策の「防湿」をします。

ラバーダムの色や種類は沢山あります。

 近年、ラバーダムは「防湿」で脚光を浴びていますが、実は歴史が長く、昔からあります。

一番奥の歯にも、防湿をします。

 大事な事は、手間はかかりますが、基本に忠実な作業を施す事です。施術されている患者さんは、唾液が出ようと、舌が動こうと、こちらからは指示や注意をする必要がないので、気分的には、楽ではないでしょうか。はじめて受けられる時は緊張されるようですが、慣れてしまうと、イヤホンで自分の好きな音楽を聴いて過ごされている方もいます。