歯科医院で見える、自分のお口の健康度

  むし歯や歯周病は、生活習慣や食習慣に依るところが多いです。 今回は酸性の飲食物を好まれる、3人の方々の簡易唾液検査の結果をご紹介します。 お口の中の酸性度が高いと、歯が溶けたり、むし歯になりやすいです。

 1.健康のために、黒酢を摂取したり、ヨーグルトや酢の物が好きな方。お口に酸味が残っているのかもしれません。図形の真ん中にあるグレー色は、これまでの研究で得られた平均値です。グリーンのラインが突出しているので、酸性度が高い傾向です。

 2.炭酸飲料が好きで、息抜きによく飲む方。食習慣の中で、お口の中に酸味が残っているのかもしれません。 図形の真ん中にあるグレー色は、これまでの研究で得られた平均値です。グリーンのラインが突出しているので、酸性度が高い傾向です。

 3.レモンが好きで、ほとんど毎日何らかの形で摂取されている方。すっぱい味が好きとのことで、お口に酸味が残っているのかもしれません。 図形の真ん中にあるグレー色は、これまでの研究で得られた平均値です。グリーンのラインが突出しているので、酸性度が高い傾向です。

 簡易唾液検査のメリットは、あいまいな言葉ではなく、ヴィジュアルで見える自分の健康度です。これを見ることで、腑に落ちることもあるのではないでしょうか。とても簡単な検査で、費用は¥2,000(税別)です。

 過去の唾液検査に関する記事
  唾液検査で、客観的に自分のリスクを理解する重要性