細部に至るまで、細心の注意を払う

私にとっての歯科医療とは、1本の歯に「細部に至るまで、細心の注意を払う」ことです。基本は「ていねい、確実、時間をかけて行う」ため、マイクロスコープ、ルーペという見るためのツール、そして歯を削るバーの選択が重要になります。特に、バーは写真下段の右にあるように、左端のシャープペンの芯(0,5ミリ)よりも細いものを使用します。右端の一般歯科で使用されるバーの先端より、小さいのが、お分かりでしょうか。歯は体の大切な一部、出来るだけ削らないことが歯を大事に、歯を長持ちさせるのです。見るためのツールであるマイクロスコープ、ルーペは殆んどの治療で使用しています。