歯の内部に対する細菌感染を防ぐラバーダム防湿

ラバーダムで細菌から歯を守る

 神経の処置は精密に、確実に行う必要があるため、短時間では終わりません。長い時間、お口を開け続けて、治療している歯に唾液が触れない様にする事は不可能です。ラバーダム防湿を行うことで、唾液による感染から歯の内部を守ります。

 神経の処置は1回で終わらない事が多いため、次回の来院に備えるべく仮詰めのフタをします。その際も、ラバーは付けたままです。次回の来院時には、ラバーダムを装着してから、仮詰めのフタを外します。この治療メソッドを守ることにより、歯の内部に対する細菌感染を防ぎ、治療の成功に導きます。