奥歯の歯を出来るだけ残すダイレクトボンド

 奥歯の歯の詰め物のまわりから、むし歯になっていたので、詰め物とむし歯を除去して、レジンを接着しました。

 ラバーダム防湿後、慎重にむし歯を除去、う蝕検知液(むし歯のみ、色に染まる)使用、エアフローで細かい汚れの除去、レジンを接着するための処置をしてから、いよいよレジンを接着します。その後、かみあわせの調整や、研磨を行います。こう書くと、とても簡単に、早く出来ると思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ダイレクトボンドの処置は、ほぼ全ての工程を一人の人の手で行うものなので、それなりに時間はかかります。

むし歯のみ、染色されます。
この中の一番細かい、微粒子パウダーを使用します。

 金属を詰めるよりは、金属とご自身の歯との境目(ジョイント)にすき間が出来て、むし歯になる可能性は低くなります。ただし、歯磨きはおろそかにしないでくださいね。

大きくお口を開けても、金属色がなく、自然な感じになりました。