多数の歯をセラミックに置き換える、見た目以外のメリット

 複数の処置が必要な歯の場合は、最初にレントゲン撮影、お口の中のカラー写真、問題がある歯の模型などの資料を採らせて頂き、どんな将来を思い描いているのかをお伺いして、今後の治療方法とスケジュールを決めていきます。

むし歯等で、ほとんどの歯を治療する必要があり、かぶせものはセラミックです。

 歯のかぶせもので、セラミックで白い歯になりたいと望まれる際は、保険外治療になります。セラミックの良いところは、見た目が白くなって自分のお口まわりや、歯に自信を持てるので、いつのまにか、初診時でお会いした時よりも、背筋も伸びて、エネルギーがある雰囲気になられる方が、男女問わず、多いです。

ほとんどの歯が白くなりました。

 しかし、セラミックのメリットは、単に外見がよくなるだけではありません。

奥歯のブリッジを選択された場合。

 一番にお伝えしたい事は、磨き残しのプラーク(細菌のベタベタしたかたまり)が付着しにくく、むし歯になりにくいことでしょうか。数年前、老人施設にお伺いさせて頂く仕事があり、その時に気付いたことは、セラミック等のかぶせもので治療された歯は、比較的、長持ちしていることでした。入院されてほぼ寝たきりだったり、ご自身の手で歯を磨くことが困難な状況では、お口の中を清潔に保つのは著しく困難になります。残存している歯を見ると、セラミック系、ゴールド系を用いた歯は、残っている率が高かった記憶があります。

インプラント以外で、というご希望でした。今後、かみあわせのチェックをシビアにする必要があります。
左側奥歯はインプラント。右側奥歯は金属のバネの無い義歯、前歯はセラミックです。

 長い話になりましたが、金属のかぶせものを使用するよりは、プラーク、茶渋等の着色が付きにくいです。ご自身のセルフケア(歯磨き)、歯科医院での定期クリーニング、クリーニング時にかみ合わせのチェックも行うと、長持ちしやすいです。

「歯科医院で施術してもセラミックが欠けてしまう」とおっしゃる方もいますが、欠ける原因が何かを探り、リスクを排除することが必要です。大抵、欠けやすいのは、歯と歯の接触の問題、食事の好み、食いしばり、歯ぎしりなどがあります。当院では、1年以内に欠けた際は、無償でやり直しを致します(当院規定に則り、それに準じた方に限ります)。

 セラミックに関する情報は、世の中に沢山ありますが、一番、関心があるのは、治療費、お値段が多いようです。当院は、激安、ボリュームディスカウントもなく、都心の歯科医院の相場です。激安にしない理由は、私のモットー「やり直しが少なく、長持ちする治療」で、すぐに壊れる、割れることがないように、治療の見落としがないかを確認することや、歯科技工士のレベルも高い自費専門のラボに依頼しています。技工士の仕事の質を重視しているので、質を下げられません。また歯型を採る材料はシリコンを使い、ご来院される方に、ご負担して頂いた金額以上の内容になるように努力しています。