唾液検査で、客観的に自分のリスクを理解する重要性

 「歯磨きは頑張っているつもりだが、今日も歯科医院で、むし歯を発見されてしまい、憂鬱だ」「むし歯になりそうな甘いものは、好きではないのに、歯がむし歯になっていると指摘された」など、自分では思ってもみなかったことは、ありませんか。

写真の一番下にあるのが、検査機器。

 当院では、唾液の簡易検査を行っています。唾液の検査で分かることは、1、歯の健康度 2、歯ぐきの健康度 3、お口の清潔度です。結果が将来を決定付けるものではありませんが、少なくとも、自分の立ち位置は分かると思います。

実は、自分の結果です。こうして分かりやすく、色分けされてプリント出来ます。酸性度が高いのは、検査の前に、ある飲み物を飲んだからです.

 むし歯、歯周病は、生活習慣に左右されることもありますので、この検査を受けることで、出た数値を見て、自身の何気ない習慣に気付くこともあります。「あっ、そういえば」みたいなものです。

 結果を深刻に受け取られる方もいますが、その時の数値が良くなかったとしても、私たちは、批判をすることもなければ、これを絶対にやめてくださいとも申しません。体の健康のためには、運動をする、塩分、糖分を控えるように、 歯や、お口の健康に関心を持って頂いて 、その方に合った毎日のケアや食生活習慣の確認と見直しのきっかけとなる事が重要と考えています。 しいては、 全身の健康増進につながれば、さらに良いかと思っています。

 当院では、検査後、レポートをご覧になりながら、現状の問題点、これからの改善策を15分程度でまとめて行います。当日、1回で終わります。唾液検査は検査の質、レベルがいろいろありまして、この検査は、あくまで簡略版なので、費用は¥2,000(税別)と、比較的お手頃です。

 また、この検査を導入したのは、目の前の来院者の方と、「数字で分かる」共通のイメージを持ちたいことでした。本日のブログ導入の部分にも書きましたように「結構、自分では、歯を磨いているんです」と、お伝えされることもありまして、大人の方に、言葉だけで、何かをお伝えすることの難しさを感じたことです。この機器を導入して、数年が経ちますが、皆様のお役には立っているかと思います。