前歯のダイレクトボンディングセミナー 

2019年12月14~15日
ダイレクトボンディングセミナー ~天然歯再現方を実習でマスターする:前歯コース~ 2日間コースで、内容も かなり充実して勉強出来ました。講師はダイレクトボンドで有名な青島徹児 先生でした。

ダイレクトボンドは、むし歯や歯の破折などで失われた歯の構造・形態をレジンによって 回復する治療方法です。エナメル質と象牙質にそれぞれ対応するレジンを用いて構造を再現するため、より自然に回復する事が出来ます。0.5mmにも満たない 厚さでレジンを盛って、歯の構造を再現するので 、当クリニックが日々の臨床で心がけているマイクロスコープや拡大鏡(ルーペ)使用は必須です。

ダイレクトボンドとは、レジンを詰める技術だけが大切と思われがちですが、唾液が付かない様にするラバーダムの技術、再現性を高めるための歯の削り方など、複数の大切な技術をきっちり積み重ねた結果として、完成度の高い治療に至ります。この事がダイレクトボンドがテクニックセンシティブ (治療結果が術者固有の持つスキルに影響を受けやすい)と言われる由縁です。今回は、よりよいダイレクトボンド治療に必要な技術を総合的に勉強できて大変有意義な時間でした。