ダイレクトボンドの秘密 その1

 ダイレクトボンドという言葉もネット検索でちらほらと上がるようになりました。この治療法については医院ごとに先生のお考えがあると思います。当クリニックのダイレクトボンド の考え方を、複数回に分けて お話しさせて頂きます。

 第1回目は、歯の削り方について。
奥歯の一般的な治療法として思い浮かぶものに、歯型を採り、小さな銀色の金属を入れる治療法があります。この銀歯を入れる場合と、ダイレクトボンドを施術する技術では、歯の削る量が変わります。

 下の画像は、歯と歯の間を含む虫歯治療のために、歯を削った時のモデルケースです。 銀歯は歯型を採り、お口の外で製作・加工する都合上、あまり小さな銀歯を作ることが出来ません。必然的に歯の削る量が増える傾向にあります。特に歯と歯の間を含む(青矢印)場合は、削る量が増えます。 それに対してダイレクトボンドの治療法では、ルーペやマイクロスコープを見ながら虫歯を除去して、 歯に 直接的に レジンを詰め込むため、削る量が少なくなる傾向があります。 臨床において、理想的な削り方をとれない場合もありますが、歯を出来るだけ削らないようにする事が歯の寿命を延ばすため、出来るだけ歯を削らない、を心がけております。

それぞれの、歯の削り方の大きさに注目

 大事なことなのでもう1回言います。歯は削れば削るほど、歯の寿命が短くなってしまうため、この治療方法は、適応範囲であれば、ベストな選択だと思います。