コンポジットレジン修復の現在

2020年2月16日 東京都歯科医師会 学術講演会 
 メインテーマは、『コンポジットレジン修復の現在』で、学術研究と臨床の2つの観点から見た公演でした。
 講師は、東京医科歯科大学 田上 順次 教授 『接着の活用による新しい修復法』、大谷 一紀 先生 『シンプルな積層充填で行なう自然観のある前歯部ダイレクトボンディング ~形態・表面性状・色の調和~』でした。

田上 順次 教授 の講演は、むし歯の除去の注意点、レジン充填における神経保護の観点、レジンの重合収縮が引き起こす問題についてなど、大変勉強になりました。 研究により得られた知見をむし歯治療にどの様に生かして、より良い結果が出せるか大変参考になりました。

  大谷 一紀 先生 は、臨床写真をダイレクトボンドの治療ステップごとにあげて、細かく解説して下さいました。最初から最後までの流れを擬似体験できるのは、大変参考になりました。

最近のダイレクトボンド(レジン)セミナーに関連するブログ
 前歯のダイレクトボンディングセミナー    
 コンポジットレジンセミナー         
 ダイレクトボンディングセミナー 臼歯コース