歯科用レジンの材料学講座て何?

 2020年2月20日 材料学講座 午前にダイレクトボンドで使用するレジン編と、午後は詰め物に一般的に使用される充填材料編の2つを受講致しました。このセミナーの一番の特徴は、材料メーカーの開発担当者自らが講義を行うことです。開発に関わった方ならではの思いがあるのか、大変熱の入った講義でした。

 材料の強度や接着力などの物性的数値をカタログスペック通りに一番に引き出せるのは、メーカー担当者に他なりません。今回、接着操作について、開発に関わった方からヒントを頂いて大変に参考になりました。

 また、メーカー新製品の宣伝も兼ねていますが、新しい材料を使用した簡単な実習は、使用感を得る事が出来ますので大変助かります。

 今回、まったくもって知らなかったのですが、プロビショナルクラウン(仮歯)に使用する材料で、従来のものより強度が強く割れにくくて、減りにくい性能を有する製品を知ることが出来たのは収穫でした。
 こちらの材料は、プロビショナルクラウンを実際に作製する実習で良さそうな製品でしたので、早速、治療に取り入れました。

最近のダイレクトボンド(レジン)セミナーに関連するブログ
 コンポジットレジン修復の現在     
 前歯のダイレクトボンディングセミナー 
 コンポジットレジンセミナー