奥歯の歯を出来るだけ残すダイレクトボンド その4

 ラバーダムで防湿後、当院の決まり事である、マイクロスコープ、ルーペ使用で、むし歯を除去しました。

むし歯があり、除去。

 むし歯除去に使うバーは、歯を削りすぎないよう、極細サイズです。大きさの比較の写真ですが、左端は0,5ミリのシャープペンの芯、真ん中のバーは、それよりも細いです。右端は、一般的なバーのサイズです。

歯を削るとき、バーの選択は重要。
歯を削りすぎないよう、染色液、エキスカベーター、超音波チップは必須。

 マイクロスコープ、ルーペを使用しても、完全にむし歯を除去したとは言えなく、染色液で、むし歯があるかないかを染め出します。

取り残しがないか、染色チェックします

 削った歯の表面に、塗ります。水洗して、なお赤く染まったところは、除去します。

全体に塗ります。

 歯に直接、レジンを接着します。レジンと歯の接着のピッタリ度が高いため、銀合金の金属を接着した後に起きがちな、2次カリエス(詰め物と歯との間のすき間から、むし歯になる)が発生しにくいメリットがあります。

レジンを接着直後。

 奥歯は意外と、目立ちます。大きくお口を開けても、レジンは金属色が無く、自然な歯に見える外見上のメリットもあります。

過去のダイレクトボンドのケースはこちら

 奥歯の歯を出来るだけ残すダイレクトボンド その3 


 奥歯の歯を出来るだけ残すダイレクトボンド その2 


 奥歯の歯を出来るだけ残すダイレクトボンド その1