ダイレクトボンドの秘密 その2

 前回に引き続き当クリニックにおけるダイレクトボンドの考え方をお話しさせて頂きます。
 ダイレクトボンドを施術する上で、重要なプロセスの一つが歯の表面清掃です。歯の表面清掃は、1.術前のクリーニング(PMTC)、2.当日のエアフローによる清掃と、日を改めて2回に分けます。

ステイン除去
エアフロー

 1 術前のクリーニング(PMTC)について
 歯の表面には、多少なりとも色素沈着が存在します。コーヒー、紅茶、お茶、ワイン等に代表される歯の黒ずみ(ステイン)です。この黒ずみがあると、詰めるレジンの色調選択に影響するだけでなく、レジンの接着にも障害となります。そのため、超音波スケーラーや手用器具、歯の表面に微細な粉を吹きかけるエアフローを用いて徹底的に除去します。また、術前に歯石やプラークも同様の方法で除去して、歯ぐきの炎症を改善して出血を無くします。出血があると分離剤の如く働き、レジンが歯に接着しない障害となるので、必ず行います。

 2 当日のエアフローについて
 術前に歯の黒ずみと歯石の除去は行いますが、当日も歯の表面のプラーク(歯垢)をエアフローで除去します。プラークが残っていると、これも分離剤の如く、レジンと歯の接合面にすき間を作り、歯とレジンの境界が褐色に変色する原因となり、最悪は境界面からの新たな虫歯発生(2次カリエス)の原因にもなりかねません。

当クリニックでは、プラークを染色液で染め出す事で可視化して、徹底的な除去を行います。エアフローによる歯面清掃は、自分の診療には欠ける事のない必須道具の一つです。個々の歯の状態により、数種類あるエアフローを使い分けます。

次回、ダイレクトボンドの秘密 その3は、ラバーダムを予定しています。

 ダイレクトボンドの秘密 その1 歯の削り方について