コーヒー、タバコの着色、歯石を徹底的にクリーニング

上の前歯の裏に、長年のコーヒー、タバコのヤニ、歯石が付着しています

 ご本人は「むし歯、歯周病を気にしたことがなく、日常で困らなかった」と、数年間、歯科医院に足は向いていなかったそうです。着色が気になったけれど、忙しくて、今に至るということでした。

下の前歯の裏にも同様に付いています。

 初診のため、むし歯や歯周病等の検査を行いました。現状は今すぐ治療を必要とするところは無いので、着色の改善や歯石除去の提案で、ご納得されました。

 クリーニングは2通りあり、保険と保険外のどちらかを選んで頂きますが、「保険のクリーニングで短い時間のために、何回も通うのは嫌だから、まとめた時間で出来るものを」ということで、保険外のクリーニング(PMTC)になりました。

 大きな歯石は、超音波でチップを振動させて除去します。

チップは種類が沢山あります。

 その後、キュレットを使い、手で丁寧に、除去します。

超音波では除去出来ない細かいところに使用します。

 エアフローで、着色を飛ばします。今回は重曹のパウダーでした。

器械にオレンジ風味のパウダーを入れます。
パウダーを吹きかけます。
模型での写真ですが、黒いマジックで書いた汚れが消えていくのが見えます。パウダーを吹きかけると、こんな感じになります。

 研磨でツルツルピカピカにした後、虫歯予防のフッ素を塗ります。

フッ素は歯科医院でのみ使用出来るものを塗ります。

 コーヒーを飲み、タバコで茶色くなった歯も、素の歯の色になりました。歯石除去も含めて、施術に2時間かかりましたが、鏡でご覧になられて、満足されました。

上の歯の裏に、これだけ着色していたのが、
すっきりしました。
下の歯の裏にも付いていた着色が、
すっきりしました。
全行程が終了。ご本人の自然な歯の色に、よみがえりました。

 クリーニングは保険内だと、保険のルールに則り、歯石除去になります。なおかつ15分程の時間で数回の来院が必要です。エアフローによるステイン除去や、むし歯予防に効果があるフッ素の使用は、保険外になるので使用出来ません。

 保険内、保険外共に、時間の内容の違い、施術内容の違いがあるので、特に、着色が気になる方は、まとめた時間を作り、素早く終わらせた方が、結果にご満足出来るかと思います。