確実な治療を目指して

確実な治療を目指して

歯科医療では、歯に替わる素材の品質や、その素材を活かす歯科技術や選択眼が重要です。それぞれの要素がバランス良く組み合わされ、より良い治療結果が得られるのです。

より精密で確実な治療法

当クリニックでは、精密な治療のために、マイクロスコープ(歯科用拡大顕微鏡)やルーペ(拡大鏡)を用います。治療箇所を緻密に確認することで、従来の経験と感に頼ることが多かった治療を、より確実かつ精緻に進めることができるのです。

工夫をこらして高められる耐久性

当クリニックでは、治療した歯をより長持ちさせるために、様々な工夫をこらしています。一例ですが、割れやすく抜歯になりやすい神経を取った歯には、ファイバーポストコアという特殊な材料を使用して歯が割れるのを防いでいます。

平均レベル以上の消毒システム

当クリニックでは、滅菌パックという徹底した消毒方法で、いつでも治療器具が清潔に保たれています。また熱処理などができない器具は紫外線による殺菌処理を施しています。誰もが安心を感じる清潔な治療環境を心がけています。

ラバーダム防湿

雑菌の多い唾液や湿気から患部を隔離し、施術をおこなうために、ラバーダムという特殊な器具を使用します。ラバーダムは、神経の処置、虫歯の治療、乳幼児の治療などに使用しています。

カリエスディテクター

カリエスディテクターという特殊な色素で虫歯だけを染めます。微細に染められた虫歯をマイクロスコープなどでより確実に取り除き、再治療の可能性を減らしています。